--> 犬愛~すべての犬に愛を! |さちきについて。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C11]

私もさちきさんと同じ、大事な愛犬を亡くしたから分かります。
うちのコも動物病院を3件回るはめに・・・。
そして、躾の重要さ。
大好きな家族ともっともっと一緒にいたいからこそ大事だと思います。
といっても、我がワンコは・・・(涙)

応援していますよ~!
このブログ、リンク貼らせてもらってよろしいですか?
てくてくも貼らせていただきました。
(事後報告ですみませーん)

[C12]

さちきさん、こんばんは!プロジェクトたちあげ、おめでとうございます。ウチの柴は、3ヶ月の時に前飼い主が「やっぱり飼えないから」ということで我が家へ来ました。毎日毎日幸せをいっぱいくれるので、私も毎日毎日ありがとうを返していきたいです。しつけは、犬も飼い主も社会もハッピーであるためには絶対に必要です。オスワリは、興奮している犬を制するコマンドでもあるので大切ですよね。訓練も犬にとって飼い主と対話できる知的なゲームだと思うので、一般的になってもらいたいです。とくに社会化のための集団パピー教室(保育園?)がごくごく普通にあるといいのになーと思います。先代の愛犬(大型洋犬12歳)を亡くした時、いちばん後悔したのはフードでした。あれを食べさせてなかったら、ガンにはならなかったんじゃないか…、そんなふうに思えるのです。[1人の100てくてくより、100人の1てくてく]があるならば、私もまた1てくてく進めるようにこの期間限定ブログで勉強させていただきたいです。よろしくおねがいします。
  • 2006-12-08
  • 投稿者 : シバイロ
  • URL
  • 編集

[C13]

ブログをリンクしちゃいました。

皆様のコメントも含め身につまされます。
たくさん学ばせていただきます。

[C14] リンク完了♪

私も母としつけの件では意見が合いませんのでよく分かります。
「自分なりに大切にしてあげる」ことが犬にとっての一番だと思い込んでいるようです。
その母の「自分なり」が私にとっては「犬のため」なのかが疑問なところです。

ブログのリンクと紹介をさせていただきました。
これからも応援しています!

できればスリーサイズも教えていただけません?(笑)

[C15] tokoさんへ。

ありがとうございます。
(リンクも!拝見いたしました♪)

そういえば、tokoさんも同じ思いをされてるんですよね。
救えそうで救えないってのがつらいですよね。

しつけは、本当に大事ですよね。
一生を一緒にいるためには
ぜったいに必要です。
こたろうくんはまだパピーですもん。
大丈夫、大丈夫☆

  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C16] シバイロさんへ。

お越しいただきありがとうございます。
「100人の1てくてく」素敵なフレーズです。
シバイロさんがおっしゃるように、人間も犬も社会もハッピーであることが一番大事です。
わたしは、愛犬家だけが幸せになればいいとは思いません。
非飼い主・非愛犬家が、愛犬家を快く受け入れる社会。または、相互で交流し、協力しあえる社会を望んでいます。
そのためにはどうしたらいいかを犬愛を通じて考えていきたい。
できることなら、わたしだけで考えるのではなく、みんなで考えたいと思っています。
シバイロさん、さちきと一緒に1てく(ワンテク?)しませんか?
これから、がんばりますのでよろしくお願いします。
  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C17] みさんへ。

リンクありがとうございます。
おたがいにがんばりましょうね!ビバビバ☆
  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C18] chocoさんへ。

ちょっと、母のせいにしてるみたいで自己嫌悪になっちゃった27歳さちきです、こんばんわ。
家族と意見が合うことも大事ですよね。
犬愛では、そういう方にお届けできるように工夫を凝らそうと思っています。

紹介文を拝見しました。
感動して、涙がぽろぽろしちゃいました。
うっかり嗚咽も出ちゃいました。
chocoさんの期待を裏切らないよう、精一杯がんばります。

スリーサイズはメールでのちほど(笑)
  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C20] 出遅れコメントごめんなさい。。。

わたしも「躾」の大切さは身にしみています。

私は結婚して彼の両親と同居しています。家に入った時からすでにマルチーズとポメのMixが一匹いたのですが、まったく躾がされていませんでした。なので家に入ったその日から色々と悩まされつづけてストレスがたまりっ放しでした。もちろん、その子には愛情もわきませんでした。

今回もお姑さんの気まぐれでポメラニアンがやってきました。でも、躾をするなんてこれっぽっちも頭に無い人なので、今度はちゃんと私が人間と犬とが共存できるようにきちんと躾をしていこうと思っています。
夏ごろ、夫婦で旅行に出たときに、Bobbyを家においていきました。私たちがいない間に今までちゃんとできていた「トイレ」が急にできなくなってしまったらしく、旅行から帰ってきたらお姑さんに「こんな子は他の人にあげちゃう!」と本気で言いました。そのときそのお姑さんの言葉にびっくりした私は「どうかもう一度躾をしなおしますから、待ってください」とお願いしました。(以前にも同じような事があり気に入らないからといってワンコをブリーダーさんへ返してしまった事があります)。ヨメが姑の悪口をいっているみたいで心苦しいのですが、でも実際に気に入らないから~と安易に処分しようとする人は残念ながら身内にもいるようでがっかりです。こういう人は世の中にも沢山いるんじゃないかとその時思いました。
なかなか躾の事、両親にはわかってもらえない事も多々あるのですが、てくてくさんに出会えた事は何かのご縁だと思います。だから一緒に考ながら学んで行きたいと思っています。

長々すみません。文章も下手で^_^;。

[C22] Kaoruさんへ。

気持ち、とてもよく分かります。
家族の中で、意識がバラバラだと躾自体しにくい場面があったり、
理解してもらえない言葉に傷ついたり。
そして、それを他の人に言うと悪口言ってるみたいでつらいこと。

躾は、身を美しくすると書きます。(金八先生風)
自身を美しく見せるためには、躾が必要なんだと思います。

お姑さんのことを書くのは、お心も痛まれたことでしょう。
書いてくださって本当にありがとうございます。
まずは、おばさま世代に理解してもらえるように努力していきたいと思います。
  • 2006-12-12
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://wanlove2007.blog76.fc2.com/tb.php/4-afbb6a1c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

さちきについて。

さちきについて、自己紹介をします。

茨城県南在住、27歳。
犬歴は7年です。
てくてくつくば」というHPを運営しています。

今は、Mダックスとミニチュアピンシャーのミックスを飼っています。
その前は、Mダックスを飼っていました。

さちきが必死こいて、なにかをやろうと思うのは
さくらがきっかけです。
HP「てくてくつくば」を作ったのもさくらが始まりでした。
さくらは、椎間板ヘルニアが発症して
たったの5日間で天に召されました。

3件の病院を転々として、
やっと病名がわかった矢先に、旅立ちました。
なんのために、3件も転々とせざるを得なかったのか、
もっと効率よく病院にたどり着ければ
さくらは救えたんじゃないのか
そのことは今も頭によぎっています。

Mダックスを飼っている人はご存知かと思いますが、
ヘルニアは死ぬ病気ではありません。
では、なぜ死んだのか…。
尿毒症です。
この答えが出るまでに約2年かかりました。
これが私の体験した現実です。
そして、皆さんにも十分起こりうる現実です。

ここまでが、HPで明かしていた問題です。
実はほかにもまだまだ問題を抱えていました。

母が「しつけをする(怒る)のはかわいそう」と、
しつけをしようとしませんでした。
私が教えようとするならば、私を叱責しました。
そのせいでさくらはオスワリはおろかトイレもままなりませんでした。
このような状況で、さくらをきちんと介護できるのか
私は不安でなりませんでした。

そして、もうひとつ。
さくらは、人間の食べ物を食べていました。
甘いものも然りです。
さくらのカラダはすでになにか病気に
蝕まれていたのかもしれません。

ですから、さくら亡き後
犬を飼うのにはかなり躊躇しました。
でも、縁があってやってきた子は否定できません。
まだまだ甘いところもありますが、
今の子には自分で精一杯勉強して接しています。
これが、愛情だと私は痛感しているからです。
母は、それを否定しますが、
もう私は大切な存在を失いたくありません。

犬愛を通じて、私が伝えたいことのひとつ。
それは、しつけの重要性です。
身を持って経験したからこそ、伝えたいと思っています。

あ、自己紹介になってませんね。
コメントを入れてくだされば、答えます!
でも、スリーサイズは家庭内秘でお願いします。
え?聞いてない?








スポンサーサイト

10件のコメント

[C11]

私もさちきさんと同じ、大事な愛犬を亡くしたから分かります。
うちのコも動物病院を3件回るはめに・・・。
そして、躾の重要さ。
大好きな家族ともっともっと一緒にいたいからこそ大事だと思います。
といっても、我がワンコは・・・(涙)

応援していますよ~!
このブログ、リンク貼らせてもらってよろしいですか?
てくてくも貼らせていただきました。
(事後報告ですみませーん)

[C12]

さちきさん、こんばんは!プロジェクトたちあげ、おめでとうございます。ウチの柴は、3ヶ月の時に前飼い主が「やっぱり飼えないから」ということで我が家へ来ました。毎日毎日幸せをいっぱいくれるので、私も毎日毎日ありがとうを返していきたいです。しつけは、犬も飼い主も社会もハッピーであるためには絶対に必要です。オスワリは、興奮している犬を制するコマンドでもあるので大切ですよね。訓練も犬にとって飼い主と対話できる知的なゲームだと思うので、一般的になってもらいたいです。とくに社会化のための集団パピー教室(保育園?)がごくごく普通にあるといいのになーと思います。先代の愛犬(大型洋犬12歳)を亡くした時、いちばん後悔したのはフードでした。あれを食べさせてなかったら、ガンにはならなかったんじゃないか…、そんなふうに思えるのです。[1人の100てくてくより、100人の1てくてく]があるならば、私もまた1てくてく進めるようにこの期間限定ブログで勉強させていただきたいです。よろしくおねがいします。
  • 2006-12-08
  • 投稿者 : シバイロ
  • URL
  • 編集

[C13]

ブログをリンクしちゃいました。

皆様のコメントも含め身につまされます。
たくさん学ばせていただきます。

[C14] リンク完了♪

私も母としつけの件では意見が合いませんのでよく分かります。
「自分なりに大切にしてあげる」ことが犬にとっての一番だと思い込んでいるようです。
その母の「自分なり」が私にとっては「犬のため」なのかが疑問なところです。

ブログのリンクと紹介をさせていただきました。
これからも応援しています!

できればスリーサイズも教えていただけません?(笑)

[C15] tokoさんへ。

ありがとうございます。
(リンクも!拝見いたしました♪)

そういえば、tokoさんも同じ思いをされてるんですよね。
救えそうで救えないってのがつらいですよね。

しつけは、本当に大事ですよね。
一生を一緒にいるためには
ぜったいに必要です。
こたろうくんはまだパピーですもん。
大丈夫、大丈夫☆

  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C16] シバイロさんへ。

お越しいただきありがとうございます。
「100人の1てくてく」素敵なフレーズです。
シバイロさんがおっしゃるように、人間も犬も社会もハッピーであることが一番大事です。
わたしは、愛犬家だけが幸せになればいいとは思いません。
非飼い主・非愛犬家が、愛犬家を快く受け入れる社会。または、相互で交流し、協力しあえる社会を望んでいます。
そのためにはどうしたらいいかを犬愛を通じて考えていきたい。
できることなら、わたしだけで考えるのではなく、みんなで考えたいと思っています。
シバイロさん、さちきと一緒に1てく(ワンテク?)しませんか?
これから、がんばりますのでよろしくお願いします。
  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C17] みさんへ。

リンクありがとうございます。
おたがいにがんばりましょうね!ビバビバ☆
  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C18] chocoさんへ。

ちょっと、母のせいにしてるみたいで自己嫌悪になっちゃった27歳さちきです、こんばんわ。
家族と意見が合うことも大事ですよね。
犬愛では、そういう方にお届けできるように工夫を凝らそうと思っています。

紹介文を拝見しました。
感動して、涙がぽろぽろしちゃいました。
うっかり嗚咽も出ちゃいました。
chocoさんの期待を裏切らないよう、精一杯がんばります。

スリーサイズはメールでのちほど(笑)
  • 2006-12-09
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

[C20] 出遅れコメントごめんなさい。。。

わたしも「躾」の大切さは身にしみています。

私は結婚して彼の両親と同居しています。家に入った時からすでにマルチーズとポメのMixが一匹いたのですが、まったく躾がされていませんでした。なので家に入ったその日から色々と悩まされつづけてストレスがたまりっ放しでした。もちろん、その子には愛情もわきませんでした。

今回もお姑さんの気まぐれでポメラニアンがやってきました。でも、躾をするなんてこれっぽっちも頭に無い人なので、今度はちゃんと私が人間と犬とが共存できるようにきちんと躾をしていこうと思っています。
夏ごろ、夫婦で旅行に出たときに、Bobbyを家においていきました。私たちがいない間に今までちゃんとできていた「トイレ」が急にできなくなってしまったらしく、旅行から帰ってきたらお姑さんに「こんな子は他の人にあげちゃう!」と本気で言いました。そのときそのお姑さんの言葉にびっくりした私は「どうかもう一度躾をしなおしますから、待ってください」とお願いしました。(以前にも同じような事があり気に入らないからといってワンコをブリーダーさんへ返してしまった事があります)。ヨメが姑の悪口をいっているみたいで心苦しいのですが、でも実際に気に入らないから~と安易に処分しようとする人は残念ながら身内にもいるようでがっかりです。こういう人は世の中にも沢山いるんじゃないかとその時思いました。
なかなか躾の事、両親にはわかってもらえない事も多々あるのですが、てくてくさんに出会えた事は何かのご縁だと思います。だから一緒に考ながら学んで行きたいと思っています。

長々すみません。文章も下手で^_^;。

[C22] Kaoruさんへ。

気持ち、とてもよく分かります。
家族の中で、意識がバラバラだと躾自体しにくい場面があったり、
理解してもらえない言葉に傷ついたり。
そして、それを他の人に言うと悪口言ってるみたいでつらいこと。

躾は、身を美しくすると書きます。(金八先生風)
自身を美しく見せるためには、躾が必要なんだと思います。

お姑さんのことを書くのは、お心も痛まれたことでしょう。
書いてくださって本当にありがとうございます。
まずは、おばさま世代に理解してもらえるように努力していきたいと思います。
  • 2006-12-12
  • 投稿者 : さちき
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://wanlove2007.blog76.fc2.com/tb.php/4-afbb6a1c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

犬愛実行委員会 

Author:犬愛実行委員会 
地域と犬の飼い主との交流を結び、少しでも不幸な犬、処分される犬を減らそう!「ワンツースマイルキャンペーン」実施中!!茨城・阿見でのチャリティーイベントの収益金でリードフラッグを制作し、地域に寄贈しています!!!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。